Visited Junkichi Mukai Museum 向井潤吉アトリエ館で帯を見る

2021 9 19th
生誕120年 「画家 向井潤吉の歩みと作品-デザインの仕事を加えて」展に行ってきました。
民家シリーズの代表的な作品の他、若き日にパリで手掛けたものや、
戦時中の従軍スケッチなど豊富な関連資料が展示されています。
私が見たかったののは、着物の帯に描かれた油彩に箔押しを施した帯です。
館内は写真撮影NGのため、チラシの写真をアップしています。
生活に困っていた時は、帯に絵を描いて販売していたこともあったと東京新聞の記事に書かれていました。

庭園には、ちょうど曼珠沙華が咲いていて、赤に白と秋の風情を醸し出していました。観客は私一人だけで、贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
以下、向井純吉アトリエ館のホームページをお知らせしますね。
http://www.mukaijunkichi-annex.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪