Storytelling performance かなであい

2018 09 16

おかげさまで、「かなであい 愛する心 恋する思ひ」無事終わりました。
ご来場頂いたたくさんの方々、安楽寺の皆さま、ありがとうございました!
与謝野晶子、万葉集などの現代語訳を朗読させて頂き、貴重な機会に心から感謝しています。
ヒナタカコさんの心に沁みる歌、岩堀葉さんの味わい深い日本画と語りが1つになって、
愛する、恋するひと時が流れて行きました。またぜひご一緒に再演したいです。

衣装の着物は、一週間前に仕立て上がったばかり。
実は、私の鍼の先生が2年前に反物で下さったものです。
9月なので、和裁の先生に相談して、単衣だけど合わせに見える「あいまい仕立て」にしてもらいました。

A story telling perfomance called KANADEAI was held at Anrakuji temple in Sakai town, Fukui prefecture.
It was a great oppotunity for me to read modern interpretations of literary works such as Yosano Akiko, Manyosh with a back drop of Yo Iwahori’s beautiful Japanese paintings.
Hina takako, a singer song-writer sang and played moving songs!

 In the secong part I read many passages from the Manyosyu.
It would very muck like to perform with them again.Hopely, I would like to perform with them again.

The Kimono I wore had been made just a week before.
It was made from cloth kindly given to me by my acupunture therapist 2 years ago.
As September is sitll hot, I asked a professional Kimono make to sew it specially.
The edge of sleeves and hem are made of two pieces, the rest is made from just one piece of cloth.
 

 *ヒナタカコさんのブログでもご紹介下さいました! https://hinatakako.exblog.jp

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪