Report of Kimono Show 2019

2019 May 6th
 東京キモノショーで、さくら着物工房のショーが本場を迎えました。
宝塚歌劇団出身の中原ゆうきさん、桃花ひなさんの華麗な歌と踊りの後、
簡単着付けショーでした。
5分で、着物と帯を鈴木富佐江さんが身につけて、
会場のお客様はびっくりされていました。

 続いて、藤間流 蘇女丸先生が、
踊りのコツをワンポイントアドバイス。
蘇女丸会のお弟子さんや、狛江市の元気なパラリンピック応援団のみなさん達で、東京五輪音頭2020を踊りました。
 
 
 日本髪がかっこいいの蘇女丸先生(中央)、桜の華やかな着物がお似合いの狛江市議会議員 辻村ともこさん(左手)のご協力で、当日はスムーズに進行ができました。
 

 また、車いすで着物姿の小沢綾子さんも着てくれました。
筋ジストロフィーという難病と闘いながら歌手や講演活動をされていて、
ひとことインタビューさせてもらいました。
 海外、デンマークで着物を自分で着て、講演されたときは、
現地のみなさんに喜ばれたそうです。着物の力はすごいですね。

 最後は、出演者で記念撮影をパチリ。
パラリンピックに向けて、だれもが着物を楽しめる情報を
これからも発信していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪