Ready made Obi 造り帯を自分で

 There was a workshop how to make a ready made obi in Komae city in Tokyo on 27th of June.
東京都狛江市で、造り帯の講習会があり、参加してきました。

 After measuring my body, we startd sewing the ready made obi.
自分の体を採寸して、縫い始めます。

The teacher is Fusae Suzuki who invented the ready made obi without cutting the obi textiles. This is one of the Tokyo2020 programme. There are more workshops and events for 2020.

 切らない造り帯で特許を取得されている
鈴木富佐江さんは、元気なパラリンピック応援団inこまえ
~東京2020大会に向けた着物体験~の代表をされています。
世界から来る沢山の方々に着物を着てもらいたいと
一生懸命活動されています。私もぜひお手伝いを致します!

 Suzuki sensei’s more infomation is as following.
 鈴木富佐江先生のさくら着物工房のサイトはこちらです。
http://www.sakura-zukuri.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪