PARALYMPICS EVENT FOR TOKYO 2020 in Komae City

2018 12 08
元気なパラリンピック応援団 in こまえ フェスティバルが東京都狛江市で開催されました。
団長の鈴木富佐江さんとのご縁で、司会のお手伝いをさせて頂きました。

 「体に障害があっても、つくり帯で簡単に着物や帯を身につけられる!」
その実演や、着物をまとってのBEYOND GIRLSさんたちのステージパフォーマンス、そして
民舞太鼓 花之実会 高草木(コウソギ)一門による太鼓と舞など楽しいプログラムが続きました。
 そして、最後は、東京五輪音頭を2020を、車いすユーザー、海外からのお客様など
円になって踊り、感動の一日でした。
 障害、言葉、国、いろんなものを超えて2020に向かって、心が一つになっている、
そんな空気が狛江から広がっていきますように。
出来る事を私もコツコツやっていきたいと願っています!

 お世話になった皆様、ありがとうございました。またお目にかかりたいです。

それぞれの写真をご紹介します。

 イランからのお客様。着物を始めて着ることができて”Wonderful traditional culture!”
とお話して下さいました。
ご説明は、造り帯を考案され、応援団長の鈴木富佐江さん。


 BEYOND GIRLSの皆さん。リーダーの小沢綾子さん、梅津絵里さん、中嶋涼子さん
車いすで着物を着るのは初!と感激のご様子で、辛い体験から力強いメッセージを話してくれました!


 花之会 高草木一門のみなさん。ドンパン節など盛り上げで下さいました。
絣の着物もかわいいですね♡


 いつも駆けつけてくれる友人でモデルのLina & ママのJanine ♡
ドイツ、日本、イランなど様々なルーツを持って活躍されている親子のお二人にも
着物を好きになってもらえて嬉しいです。

 2020に向けて、司会、オーガナイズのお手伝いを致します。
ぜひご連絡下さいませ。
kb5785@gmail.com

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪