kabuki 7月歌舞伎に

7月大歌舞伎に出かけました。
昼の部「通し狂言 三國無雙瓢箪久(さんごくむそうひさごのめでたや)」

 秀吉が出世する様を描いた「太閤記もの」は、 最遊記から始まって、
本能寺の場、大徳寺焼香の場など、見どころ盛りだくさんでした。

 7月大歌舞伎のチラシに英文の紹介もされています。
英語で読むと、分かりやすい作品説明です。

 I enjoyed watching kabuki in Kabuki theatre!
The description of the work being introduced in the leaflet is below.
 
SANGOKU MUSO HISAGONO MEDETAYA is a revival of a classic work portraying the historical figure of Toyotomi Hideyoshi(1537-1598).
Despite coming from farming stock, Hideyoshi rose to become one of Japan’s greatest unifiers. This is the latest of many works in Kabuki that depict how he brought an end to the Warring States period. Enjoy this fascinating success story filled with kabuki’s unique appeal.

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪