着物リメイク Kimono Remake 3 ざっくりチュニック

2020 May 2nd

バザーで、50円で買ったウールの着物。

少々裄が短くて、思い切って、ざっくりとチュニックにしました。

ほどかずに、膝下あたりでカット、袂を洋服風に切って、チクチクししました。

洋服のカシュクールワンピースに付いているようなヒモを、

母の絞りの羽織をほどいた残り2本作り縫い付けました。

これで、前がはだけて困ることはありません。

この格好でチャリに乗り、スーパーマーケットに買い物に行ったり、

子どもとバドミントンをしているんですよ。

作成時間は、1~2時間あれば大丈夫かと思います。

太もものあたりで、上前がヒラヒラするのが気になったので、

面ファスナーをつけて、和風な着心地を楽しんでいます。

手ぬいにはやはり、手ぬい用の糸が合います。

和裁士だった母が昭和の時代に使っていた糸は、

使い終わると、格言のようなメッセージが現れることがあります。

どんな思いでチクチク縫っていたのか、思いを馳せて、タイムスリップしたような

楽しい時間を過ごしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪