着物リメイク Kimono Remake 2 カシュクールワンピース

2020 April 30th

昔、母が縫ってくれたウールの着物をほどいて、

念願のカシュクールワンピースを作りました。

どうして念願か?、というと、実は40代で2回肩を痛めて(いわゆる四十肩ですね)、

着替えで大変な思いをしているからです。

もし今後も着替えで大変になるかもしれない、そのときにカシュクールワンピースだったら、

着物のようにまとうだけですから、1人でも着替えが出来ますね。

今回も、手ぬい参加の高橋恵美子先生の本を見ながら作ってみました。

前回のポンチョチュニックは、ポリエステルだったので、針の通りが悪く、

苦労しましたが、ウールは針の通りが良くて進みが早かったです。

実は、肩の部分は表と裏を間違えてつけてしまい、3回もやり直しました。

が、全く苦痛ではないのです。「自分のだからいいや」という思いで、

間違いも楽しんでできたのです。間違ってもすぐ戻ればいいのが、手ぬいのいいところですね!

益々、着物リメイクの魅力の虜です。

次は、ざっくりリメイクのお話です。どうぞお楽しみに!

 

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪