元気なパラリンピック応援団 in こまえ フェスティバルご報告

2019 December 7th
 東京都狛江市で開催された「元気なパラリンピック応援団 in こまえ フェスティバル」に
MCで参加させてもらいました。

 シドニーパラリンピックに出場されて、現在パワーリフティングで東京2020出場を目指されている
石原正治さんの講演や、大学生の田崎花歩さんのスピーチ「19才の夢 私だからできること」を聞くことができました。
お二人とも、一言一言に深いメッセージがあって、いいお話でした。

花歩さんは、お母様の振袖を、鈴木先生のさくら着物工房で加工してもらったそうです。
とっても綺麗な振袖で、お母様の思いもまとっているようで、お似合いでした。

 体に不自由があっても、誰もが着物を楽しめるように、造り帯を発明された鈴木富佐江さんによる
簡単着付けショーでは、ベトナムからの留学生フォンさんがあでやかな振袖姿を見せてくれました。
ベトナムでは、黄色は高貴な色とされているそうで、とても喜んでいました。

 右から、狛江市議員の辻村とも子さん、フォンさん、蘇女丸先生、私

 最後は、私の日本舞踊の先生 藤間流 蘇女丸先生率いる蘇女丸会のみなさんが、
日舞を披露して下さいました。
曲目は、「愛を越えて」「さくらさくら」「千本桜」
あまりに華やかで迫力満点なので、会場のみなさんを魅了していました。

 そして最後は、蘇女丸会のみなさんと一緒に、東京五輪音頭2020を、
会場みんなで踊って、心が一つになり、盛り上がりました。
2020年までもうすぐ。どうか、パラリンピックまでにユニバーサルな社会、心が広がっていくよう願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

Kazuyo

 Hello! I hope you enjoy fantastic Kimono culture. I am a freelance announcer in Japan and also Kimono consultant & certified Kimono dresser(grade 2). 話し方講師・MCのKazuyoです。                  着物と共に育ち、和文化の着物の魅力は、とても奥深いものです。 そこで、着物の楽しさを世界に伝えたいと活動しています。  学校法人 清水学園 総合きもの部 着装師範科卒業。きものコンサルタントの資格を持ち、着付けやリメイクなどを楽しんでいます。着物を着る人が増えるよう、いろんな情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに♪